工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説

MENU

丁寧で安全な作業のために

建設現場

雨風や騒音をブロック

建物の建築や修理、リフォームの際には、建物を囲むように足場が組まれることがあります。たとえば外壁塗装では、高所まで丁寧に塗料を塗るために、足場が必要不可欠とされています。そして足場を組んだ後には、その上から足場シートが被せられます。足場シートによって、足場はもちろん建物もすっぽりと覆われることになります。これにより建築など様々な作業を、一層丁寧にスムーズに行うことが可能となるのです。なぜなら足場シートは、ポリエステルや塩化ビニールなど、柔軟性と撥水性のある素材で作られているからです。そのためこれで覆うことで、足場も建物も雨風の影響を受けにくくなります。風で枯れ葉やゴミなどが飛んできたり、雨で濡れて作業員や機材が滑ったりすることが防がれるのです。落下した時に受け止めてくれる、セーフティネットがついているものも少なくありません。また中には、防音性のある足場シートもあります。これを使用すれば、解体工事など大きな物音が発生しやすい作業をしても、周辺への騒音被害は最小限のものとなります。音だけでなく、破片や洗浄用の水などが周辺に飛び散ることも防止できます。このように足場シートは、建物における作業で非常に便利なのです。また建物を覆うほど大きいので、企業名やロゴマークなどを大きくプリントしておけば、広告としても役立ちます。雨風にも負けない頑丈な素材ですから、繰り返しの使用ができて経済的という点でも、注目されています。

Copyright© 2017 工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説 All Rights Reserved.