工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説

MENU

非常時の為に知っておく

作業員

誰でも簡単にできる

工事現場や水害対策用として、土のう袋は大活躍します。土のう袋は、土や砂利をたくさん詰める事が出来る袋です。土のう袋は比較的安価なので、気軽に購入することが出来ます。建築現場などでは、建設会社が土のう袋を纏めて購入する事が多いでしょう。一般的には、10枚1セットで1000円以下が相場となっております。また、大雨や台風の時に水が家に入ってこないようにする為に、一般の人でも土のう袋を買っておく事が出来ます。一般的に人気の高い土のう袋は、口を紐で縛るタイプです。このタイプは長期間使用可能なので、常時水害対策を行いたい人にはお勧めです。工事現場では、土のう袋に入れる土の量を一定にしておきたい場合があります。そんな場合は、重量の目安となる線が入ってるタイプがお勧めです。わざわざ土の量を測らなくても、線を基準にして土を入れていけば良いのです。これらよりもやや値段は高めですが、土や砂が不要の土のう袋もあります。このタイプは、水を入れる事で膨らむ仕組みになっていて、緊急時などに大活躍します。10枚1セットで、3000円から4000円が相場となっております。屋外で使用する際、天候に強いタイプの土のう袋を求めたい場合は、UV土のうが良いでしょう。表面にUV剤が添加されていて、主に紫外線に対して強い保護性を発揮してくれます。こちらの相場は、50枚で2500円前後となっております。使用目的に合わせて、土のう袋を選んでいきましょう。

Copyright© 2017 工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説 All Rights Reserved.