工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説

作業員

非常時の為に知っておく

建設現場や水害対策用として、土のう袋が大活躍します。一般的な相場は、10枚1セットで1000円程度です。口を紐で縛るタイプが人気です。土砂を入れずに水で膨らむタイプの土のう袋は、3000円から4000円が相場です。また、UV剤が添加されてるタイプは、50枚で2500円前後となっております。

建設現場

丁寧で安全な作業のために

足場シートとは、建築やリフォームなどの際に建物の周囲に組まれる足場に被せるシートです。これがあることで、雨風に負けずに丁寧に安全に作業できるようになります。また、作業中の騒音を減らす足場シートや、破片や洗浄液などの飛散を防ぐ足場シートもあります。大きく目立つので、広告としても利用可能となっています。

土嚢袋

砂を詰める袋

土のう袋とは砂を詰める袋で、積み重ねると簡単に壁を作ることができます。そのため土のう袋は、水や強風、土砂などを塞き止めるために使われています。頑丈なので繰り返し使用できますし、紫外線に強いタイプのものだと、屋外で年単位で使い続けることもできます。砂が入っていなければ小さいので、保管にも便利です。

MENU

作業現場

建設現場に必須のシート

足場シートは、建設現場の足場を覆うようにして建物の周囲にめぐらされるシートです。本来の使用目的は事故防止や防塵・防火対策ですが、表面に会社のロゴや物件の募集広告などを印刷することで、看板のような役目も果たしています。

土のう袋

土木工事で便利

砂を入れた土のう袋を使えば、水や空気の流れを防ぐことができます。そのため土のう袋は、散水や掘削による悪影響を防ぐために使われています。ポリプロピレン製で頑丈なので、尖った瓦礫を運ぶ際にも使われています。価格は1枚50円前後と安く、それでいて中身を抜けば再使用ができます。

現場を適切に保つ

模型

値段を確認する

足場シートは、養生シート、現場シートなどともよばれます。正式名称は特に決まっておらず、広告がのっていると広告シート、PRシート、イメージシートなどと呼ばれることもあります。広告が乗っていても後者の名前で呼ばれることもあります。足場シートの目的は、第一に現場を適切に保つことです。工事中には様々な木くずや金物くずが発生します。どんなに気をつけていてもそれらの飛散をすべて防ぐのは不可能です。足場シートで建築中の建物を覆っておくことで、近隣住宅や道路などへの飛散を防ぐことができ、迷惑をかけないようにすることができます。また、建築中やリフォーム中の建物は建築会社やリフォーム会社の目に見えるPRになります。ビフォーアフターがわかり、建てている最中の対応についてもPRができます。そのため、足場シートに自社の広告を載せて、どの建築会社が建てているかをPRするのも非常によく行われています。足場シートというときはこのようなタイプをさすことも多いです。広告をのせた足場シートは、現場の保全をしながら自社の商品やサービスをPRできるというのが魅力です。自社のPRがされているということで、働く職人の志気を高め、安全管理の意識を高めようとする目的もあります。足場シートは素材とサイズで値段が変わります。デザインについては、決まったものがあればそれを利用すればよいのですが、デザイナーに依頼したいと思うのならばよいデザイナーがいるところを選ぶのも重要です。

Copyright© 2017 工事現場の安全を守ろう|足場シートを買う時のポイントを解説 All Rights Reserved.